読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Massive Curiosity

日常で疑問に思ったことを言語化してアウトプットしていくブログ。旅、webサービス、デザイン、アイデアなど。

辛くなった時に背中を押してくれるMr.Children 櫻井和寿のことばたち

生きていると、悩むこと、辛いこと、やりたくないと思うこと、色々ありますよね。

考えてもわからない、誰にも相談できない。そんな時、どうすればいいのでしょうか?

ぼくがオススメするのは、Mr.Childrenの曲を聴くことです。ボーカルの櫻井さんが織りなす言葉には、自分の状況をピタリと言い当てる力があります。そして、背中を押してくれる曲が多いのです。

そんなMr.Childrenに、ぼくは救われてきました。

そこで今回は、「今いる状況から抜け出したい」「やるべきことはあるのに、なぜか手につかない」「人に嫉妬をしてしまう」「今までの行いを後悔している」

こんな感覚に当てはまる方にオススメのMr.Childrenの歌詞をご紹介します。

*ここからは、親しみを込めて表記を「ミスチル」で統一します。

 

 

1.『旅人』

「どうせ駄目ならやってみよう 数えきれぬ絶望を味わった夢を追う旅人」

一般的にはあまり知られていないかもしれませんが、ミスチル好きなら誰もが好きな曲。

どうせだめなのであれば、いっそのこと開き直って、大きな一歩を踏み出すことを後押ししてくれる、この言葉が大好きです。

 

(ドキュメンタリー映画でこれを聴いて、早速泣きました)

 

2.『fanfare』

「みんな悪戦苦闘してるんだ 独りじゃないぞ頑張れ!」

独りよがりになって抱え込んでいるとき、どストレートに心の真ん中に刺さる歌詞。

がんばっているのはあなただけじゃなく、他の人も同じようにがんばっているんだから、自分だけネガティブになってもしょうがないんですよね。

ちなみに、この曲はワンピース・ストロングワールドの主題歌だったので、誰もが聞いたことあるはず。


ナオト・インティライミを知ったのも、この時が最初です)

 

3.『Simple』

「探してたものは こんなシンプルなものだったんだ」

自分だけで抱え込んで、周りが見えなくなるとき、ありますよね。

そんなときは、今取り組んでいることに全く脈絡のない人に話してみると、意外と答えって見るかるかもしれません。

(結婚式でよく使われていたみたいです)

 

4.『any』

「そして僕は知ってしまった 小手先でやりくりしたって 何一つ変えられはしない」

シンプルな答えを見つけたのなら、もっと素直に自分をさらけ出すべき。

そして、その欲求に従って行動をすることが大切なのです。別に、周りの目がとか、これをやるべき、とかどうでも良くて、やりたいと思ったことを素直に追うべきなんですよね。大局観を持って。

この曲は、サビの歌詞も最高なので、ぜひ見てほしいです。

 

www.youtube.com

 

5.『I'll be』

「コンプレックスさえも、いわばモチベーション」

だれもがコンプレックスを持っています。

しかし、それって実は自分しか気にしていないことが往々にしてあります。

だから、そんなものさらけ出してしまえばいいんです。

www.youtube.com

ミスチルの中で1番長い曲じゃないでしょうか?9分くらいありますが、染みます )

 

6.『終わりなき旅』

「誰と話しても誰かと過ごしても寂しさは募るけど どこかに自分を必要としている人がいる」

これを信じるだけで、生きるのが楽になりそうです。どんな状況であっても、自分は誰かに求められている。安心してください。

 

ちなみに、『終わりなき旅』といえば、二番のサビが超有名ですね。

「高ければ高い壁の方が 登った時気持ちいいもんな」

しかし、ぼくはここまで意識高くなかったので、逆にそれはモチベーションに成り得ません。同じ曲でも、いろんなレイヤーの人に届く歌詞ってすごい。

www.youtube.com

(文句なしの名曲です。中学時代から聴き続け、飽きたことがありません)

 

 

7. 『星になれたら』

「こっそり出て行くよ だけど負け犬じゃない もうキャンセルはできない」

出て行くのは、決して逃げではありません。その先にやりたいことがあって、それを叶えたいから、出て行くのです。

退路を断ってキャンセルできない状況になれば、進むしかありませんね。

www.youtube.com

 

8.『未完』

「だからもうユニフォームを脱いで 脱いで 自由 自由 自由」

意味のないしがらみにとらわれず、やりたいことにまっすぐ進んでいいんです。

やりたいことに正直に。どこまで行っても、『未完』なのですから。

 

www.youtube.com

 

さいごに。

櫻井さんの歌詞のいいところって、ただ闇雲に応援する曲もあれば、ふとした気付きを与えてくれるもの、心の底から突き上げる想いなど、多様に渡っていることだと思っています。

色々な立場にいても、それぞれの文脈で一歩を踏み出させてくれる。そんなミスチルが本当に大好きで、この記事を書いてみました。

さいごのさいごに、ミスチルではありませんが、Bank Bandという、櫻井さんと小林武史さんをはじめとするミュージシャンで行われていたチャリティ活動のバンドがあって、Bank BandがカバーしていたGAKU-MCさんの『昨日のNo 明日のYes』という曲の歌詞で、この記事を締めたいと思います。

「明日のOh Yes! そのためのベスト その瞬間は今です たった今です 取り返しなんて多分つくはずなんです

明日のYes! そのためのベスト その瞬間は今です たった今です やるかやらないかのちょっとした違いです」

 

www.youtube.com

ここまで読んでくれた方、ありがとうございました。