Massive Curiosity

日常で疑問に思ったことを言語化してアウトプットしていくブログ。旅、webサービス、デザイン、アイデアなど。

【ハイパーリンクチャレンジ2015】インタビュー記事が好きだなあと実感しながら、今年印象に残っている記事を選びました!

旅好きの裕介からバトンがまわってきたので、久しぶりにブログ書きます。

鳥井さんや佐藤慶一さんからはじまり、はあちゅうさんやイケハヤさんまで参加しているこの企画。その名も、「ハイパーリンクチャレンジ2015」です。

 

ハイパーリンクチャレンジ2015」とは?

みなさんが書かれているので、もはや説明不要かもしれませんが念のため。

 

【開催趣旨】

SEOでは計れない、価値がある。」
「ウェブだって、すごいんだぞ!」
「ウェブメディアだって、むくわれたい。」

現状ではウェブメディアに対するアワードがない。しかし、作り手は日々葛藤しながら多くのコンテンツを作り出している。それらが時代の流れに乗って刹那的に消費されるだけではなく、その年ごとの記録を残すことで、資料的価値を持たせる(映画の「日本アカデミー賞」、ユーキャンの「流行語大賞」、書店員が決める「本屋大賞」をあわせもったイメージ)。

アワード形式にすることで、担当編集者・ライターを表彰することも目標のひとつ。

 

【概要】

・その年(前年12月〜本年11月)までに公開されたウェブコンテンツから印象に残った記事を2本だけピックアップする。1本は自らが執筆・制作に関わった記事、もう1本は他媒体で公開された記事とする。

・参加者はそれぞれの記事を選んだ理由を、ブログやSNS等にまとめて発表する。選考した理由もあることが望ましい。

・また、次にチャレンジを受けてもらいたい人物、印象に残った記事を聞いてみたい人物も2人〜3人程度指名する。なお、指名がなくとも、開催趣旨への理解があれば自発的な参加も歓迎する。

・記事制作後、次のハッシュタグを付けてTwitterにて報告ポストを投稿する → #HyperlinkChallenge2015 #孫まで届け

ハッシュタグ「孫まで届け」には、いずれ日本のソーシャルヒーロー孫正義さんまで参加してくれたら嬉しい、孫の代まで読まれていきたい、参加していただいた方に“ソン”はさせない、という気持ちが込められている。

・投票は、12月20日を持って集計〆切とする。

 

評議会

本年は(言い出しっぺの)下記4名により評議会を開催。有効得票数による部門別アワード(※予定)と、印象に残ったコメントをピックアップして(何らかの形で)報告する。

・藤村能光
・長谷川賢人
佐藤慶
・鳥井弘文

 (引用:【ハイパーリンクチャレンジ2015】僕にとって今年1番おもしろかった記事。鳥井弘文 #HyperlinkChallenge2015 #孫まで届け)より

 

 ぼくにとって、今年1番印象に残っている記事

その記事とは、リクルートが運営しているHRナビのスタンフォード卒、Microsoftインターン…年収1500万を約束された男がなぜ日本のスタートアップに?」という記事でした。

hrnabi.com

スタンフォード大学大学院を卒業して、amazonとかMicrosoftインターンをしてました」というような絵に描いたようなエリートコースを歩みながらも、Tokyo Otaku Modeというスタートアップへ、という不思議なキャリアに惹かれました。

ミーハーなぼくは、いわゆるメディア受けするようなストーリ―とかキャリアを持つ人の記事が大好きなのですが、この記事のいいところは、アレックスさんの人柄がにじみ出ていることだったのです。

タイトルから察せるのは「アメリカから見ると、日本のレベルは低い」とか「おれはすごく優秀だから・・・」みたいに、すごく上から目線の記事なんだろうなあと思っていたけれど、蓋をあけてみたらそんなことはありませんでした。

ぼくと同じようにLIGの菊池さんが好きだったり、自分のキャリアを「苦労してグランドラインに入ったのに、どうしてわざわざイーストブルーに戻るの?」というようにONE PIECEで例えてみたり。(←これめっちゃ好きな表現です。笑)スーパー優秀なのにユーモアもあって、とても親近感の持てる記事でした。

これを見た時には、普段誰かの記事をシェアすることのないFacebookでシェアしてしまうほど感動したことを覚えています。(笑)


自分が携わった中で印象に残っている記事

今年は初めて編集長になった年なので、思い入れのある記事はたくさんあります。

その中でも、ぼくが大好きな記事は「世界中に笑顔を! トランポリンを担いでアジアを旅した 石原舞氏」です。メインインタビュアーとしてではなく、編集を担当しました。

asenavi.com

アセナビは、「”ASEANで働く”を近くする」を理念に、東南アジアで働く日本人にインタビューを行っています。

しかし、ASEANで働くというのは、多くの人にとってあまりにも高い障壁であり、佐藤慶一さんに「『”ASEANで働く”近くする』を、逆に遠くしている懸念もあるんじゃない?」と言われたことがありました。

その話を受けて、ASEANで成功した起業家ばかりではなく、旅をして東南アジアで何かを掴み取った人だったり、学生インターンとして現地で頑張った人だったり、バラエティに富ませることに決めたのです。

それによって、ASEANに対しての関心度や置かれた状況が違う読者に対しても、広く「”ASEANを働く”を近くする」を実現することができるメディア、ひいては社会にしたい!と思いました。

そんな想いがあって、取材を申し込んだのがこの記事の石原舞さん。当時はビジネスパーソンではなく、トランポリンを担いでアジアを旅して周り、子どもたちの笑顔を増やす活動をしていた方です。

詳しくは記事を見て欲しいのですが、素直に夢を語ってくれる姿やキラキラとした笑顔が印象的で。思わず目に涙を浮かべるくらいの衝撃でした。

そして、嬉しいことに、記事を出した後にこんなメッセージが届いたのです。

とっしー・かなちゃんお元気ですか?
この前ね、たまたま旅でカンボジアに来ていた日本人のご夫婦がトランポリン見て「これなんですか?」って聞いてきてね、トランポリンなんですよって言ったらね。 アセナビの記事読みました!って。会いたかったんですって言われたの。その子ね、アセナビの記事読んで「私も笑顔を繋げたい!」って思ってね、いろいろがんばってくれていたみたいなんだ。
その出会いがめっちゃ嬉しくて、アセナビのお二人に感謝したいなぁって思ったの^^ 記事で繋がっている、日本から遠く離れた場所でも出会いがあるし。記事一枚が誰かの人生を変えることだってあると思うよ。これからも素敵な記事を楽しみに待っているね。改めて お二人に取材してもらえてよかった。ありがとうね^^
それでは!♡
磯部 俊哉

これ以上嬉しいことはないなあと思わせてくれた記事でした。

ちなみに、先日プノンペンに行った際に、半年ぶりに再会して、パワフルさに再度圧倒されました。(笑)

 

次にハイパーリンクチャレンジを回したい人

あんまりブログやっている知り合いがいないので難しいのですが、2人指名させていただきます。

1人は、編集大学生のイベントを一緒にやってくださった、Obama Sakiさん。出会ったきっかけは、ツイッターでDMを送ったこと、というソーシャル世代ぶり。(笑)
ほぼ同世代で、これだけ表現に富んだ文章を書く人を他に知らないので、ぜひとも印象に残っている記事を教えてほしいです!

もう1人は、リクルートキャリアの西村さん。いろいろとお世話になっております。Now or Neverもいつも購読していました。Newspicksでたくさんピックしていらっしゃった西村さんが印象に残っている記事を知りたいです!

お二人とも、卒論やお仕事で多忙を極めているのは重々承知なので無理にとは言いませんが、教えていただけると嬉しいです。

 

さいごに。

30分で書き上げるつもりが、書きながら楽しくなってしまって1時間もかかってしまいました。。こういう機会がないと、いままで読んだ記事を振り返るタイミングってなかなかないので、本当に素敵な企画だと改めて実感です。

ぜひ、指名されていない方も自発的に初めて、孫まで届くような企画になったらいいですね。

ここまで読んでくれた方、ありがとうございました。